病院のご案内(宇都宮)病院のご案内(那須塩原)診療についてスタッフ紹介
ホーム お知らせ RSS
前月2017年 10月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
ご予約
お問い合わせ
院長ブログ
スタッフブログ
専門医療講座
求人・実習生受入
リンク集

遠藤院長監修の本

「学校では教えてくれない外科学」

トップ  >  整形外科・外科  >  膝蓋骨脱臼

 生後1年以内の小型犬(トイプードル、ポメラニアン、チワワ、マルチーズ、ヨークシャテリアなど)が、急に後ろ足を持ち上げている、という症状の多くは、膝の骨が脱臼している病気です。

 これを膝蓋骨脱臼といいます。ほとんどは生まれた時からの先天性がほとんどです。足を持ち上げるようになる前に、後ろ足の座り方が変だ、と気付かれている事が多いと思います。

 先天性の場合、膝蓋骨が脱臼したり元に戻ったりして症状が出たり出なかったりします。そうなると、ほとん ど痛みはありません。しかし、これをそのままにしておくと、下腿骨がだんだん内側に回転してきてガニ股になってしまいます。整形外科の得意な先生は触った だけで診断できますので、変な座り方をして時々足を持ち上げるようになる時は、早めに専門の先生に診てもらってください。

 治療法は手術になります。早期手術は回復も早く、動物にもあまり負担が掛かりませんので、早期発見早期治療してください。

プリンタ用画面
前
骨折の手術
カテゴリートップ
整形外科・外科
次
骨折手術後の管理

獣医さんのサプリ H4O直送便

 
遠藤犬猫病院
栃木県那須塩原市新南40-23 | 宇都宮市上大曽町362-1
お問い合わせ - お知らせ - ヘッドライン - リンク集 - 求人・実習生受入

© 2012- Endo Animal Hospital
[admin]