腎臓についての基礎知識

腎臓の形態

お腹の中の背なか側に位置しています。
左右に2個存在します。
枝豆のような形をしています。
腎臓はネフロンという小さな構造がたくさん集まって、できています。

腎臓の働き

尿の生成
体内の水分バランスの状態によって、尿を濃縮したり、薄くしたり調節することができます。

水分、電解質バランスの調整
ナトリウムやカリウムなどの電解質やイオン物質の調節を行うことで、体内の水分バランスや血液のpHを調節しています。

老廃物の排泄
体内では常に体の中に不必要な老廃物などが生成されています。それらの大半は尿の中に排出される仕組みになっています。しかし、腎臓がうまく機能しなくなるとこれらの物質が体内に蓄積されていくことになります。

ホルモンの産生
腎臓はいくつかのホルモンを作ったり、変化させたりしながら体の生理機能の維持に役立っています。例えば、赤血球の数を増やすための信号を出すホルモンや、カルシウムの吸収を促進させるためのホルモン(活性型ビタミンD)などを生成しています。