整形外科の基礎知識

整形外科と聞くと美容整形と勘違いされる人もいると思いますが、整形外科は骨、筋肉、靭帯(スジ)、神経 を専門とする診療科目です。その守備範囲は頭からつま先まで、つまり全身が対象となります。あまりにも守備範囲が広いので、膝専門とか股関節専門とかに細分化されています。

動物の整形外科も昔は骨折の手術という程度でしたが、今ではさらに関節疾患、脊髄背椎疾患、神経疾患と広 範囲におよびます。しかし、今でも相変わらず多いのが骨折です。交通事故での骨折は減っていますが、小型犬、特にポメラニアンやトイプードルなどの前足の骨折が増えています。ちょっとした高さからの落下でも骨が折れてしまうのです。