当院での倫理

倫理委員会の設立

当医院では2003年に倫理委員会を設立しました。
移植医療ではドナー(臓器提供動物)が必ず必要です。
ドナーの選択方法は重要事項です。
ドナーの動物愛護を最優先に考えて移植医療を行います。
その際に、倫理委員会を開催して、移植医療の可否から医療費までを決定してもらいます。
ドナーの選択については、実験動物として飼育された動物を用いて、手術終了後はレシピエントの飼い主さんに愛玩動物として終生飼育してもらいます。
または、レシピエントの飼い主さんが飼育している猫ちゃんから、腎臓を提供してもらいます。

倫理委員の紹介

委員は院外5名、院内5名で構成されています。
院外各委員は、医学部教授、弁護士、議員、マスコミ関係者、元教師です。
院内は、獣医師3名、動物看護師2名です。